富山県小矢部市のお祭り・イベント・食事処など、最新情報を紹介します
by oyabeinfo
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:小矢部市指定文化財 ( 39 ) タグの人気記事

2016年 酒とり祭

酒とり祭(さけとりまつり)
開催日 4月11日(月)
場 所 下後亟神明社
     小矢部市下後亟640
     小矢部東ICから車で1分
催 物 神 事 16:30~(予定)
     獅子舞 17:00~(予定)
     酒とり祭り 17:20~(予定)

毎年4月11日の神明宮春季例祭に行われる神事で、全国的にも珍しい奇祭として有名です。

25歳の厄男たちが ふんどし姿でお神酒を受け、参拝人や見物人に振る舞い、無病息災・五穀豊穣を祈願するお祭り。いつ頃から行われているか定かではありませんが、300年以上前から続いていると言われています。

c0208355_1653735.jpg


・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・酒とり祭り 由来と起源 ~資料より~ ・・・・・・・・・・・・・・
 この奇祭の起源は不明であるが、今から350年ほど前の寛永年間(1625年~1644年)に、現在の社殿を建立した時、地中より白骨が多く発掘された。これは墓所であったに違いないと人々は不安を感じた。特に、村の物知りな老人が酒をまいて祈とうしなければ一大事といったが、村人たちは気にとめながらもつい忘れてしまった。ところが翌年、村初って以来と言われる大凶作に襲われてしまった。あの時の老人の言葉を思い出し、きっと白骨のたたりに違いないとばかり、村総出で酒をまき清めたという。これが、この奇祭の起源だとも伝えられている。
 ところが明治2年(1869年)になり、酒をぶっかけたりばらまいたりするのはもったいない、そんなことをするよりみんなで飲んだ方がどんなに得かわからない、ということで村人たちは境内にむしろを敷き、車座になって飲めや歌えやのどんちゃんさわぎをやってしまった。
 さて、これが神の怒りにふれたのか、その年は不作も不作、その上、村に火災が頻繁に起こった。すっかり恐れをなした村人たちは、翌年から前以上に盛大な「酒とり祭り」を執り行ったということである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお祭りのお問い合わせは、
小矢部市観光協会 0766-30-2266 までお願いします。


2016.3.1 初稿
[PR]
by oyabeinfo | 2016-03-01 15:23 | 酒とり祭

2015年 宮めぐりの神事 

宮めぐりの神事(みやめぐりのしんじ)
開催日 9月13日(日)
場 所 埴生護国八幡宮
     小矢部市埴生
     小矢部東ICから車で10分
催 物 例祭式  14:00~(予定)
     浦安の舞 14:30~(予定)
     神輿帰座祭 15:15~(予定)
     宮めぐりの神事 15:30~(予定)


木曾義仲の戦勝詣が起源と言われ、氏子が神社所蔵の甲冑をまとい、
宝物を手にして拝殿の広縁を7回半巡り、本殿へ駆け込む神事。


小矢部市無形民俗文化財。とやまの祭り100選の一つにも選ばれています。


宮めぐりの神事は、毎年9月15日の直前もしくは直後の日曜に行われます。
(原則、9月10日から16日の間の日曜。)
江戸時代から伝えられている珍しい行事です。


              【宮めぐりの神事】
c0208355_14172034.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ~宮めぐりの神事の内容~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
道祖神をまつる長さ4mの道祖幣(どうそへい)を手にした氏子の長老を先頭に
烏帽子に格衣姿、道中袴をはいた御幣(ごへい)捧持者、古文書箱を捧げる
小学生の男子十数名と甲冑(かっちゅう)に身を固めた武者姿の若者らが
隊列を組み、笛と太鼓の囃子に合わせて拝殿外側の広縁を7回半めぐり
最後に武者たちが弓矢刀剣をかざし、鬨(とき)の声をあげて本殿めがけて
駆け込むという素朴かつ勇壮な神事である。
 この神事は、砺波山合戦の折、源義仲が埴生八幡宮に戦勝祈願し、大勝を
果たしたことにちなみ、江戸時代から行われていると伝わっている。
                                 宮めぐり神事 振興会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

c0208355_14311790.jpgc0208355_14314692.jpg











この神事のお問い合わせは、
埴生護国八幡宮 0766-67-1220 にお願いします。




2015.8.4 初稿
2015.9.4 追記
2015.9.8 追記
[PR]
by oyabeinfo | 2015-09-08 15:11 | 宮めぐりの神事

今日は、石動曳山祭!!

今日4月29日(祝)は、
石動曳山祭が行われます。


とても、いいお天気になりました。
みなさん、ぜひお出かけください。

午前中、石動の、街中を巡っていただきますと
各町内の曳山の庫出しや、組み立てる様子が
ご覧いただけますよ。

午後3時より小矢部市商工会館前にて
11本の花山車が勢揃いし、巡行式が行われます。

午後6時ごろ、すずらん通り 廻向寺前にて灯入式が行われ、
小矢部市商工会館前の御旅所へ向けて提灯山車が巡行。

午後6時30分ごろには、提灯山車が、小矢部市商工会館前に勢揃いし
ライトアップされます。

夕方からの、提灯山の優美な姿、そして、ライトアップされた、幻想的な姿も
おすすめです。ぜひご覧ください。
c0208355_11332322.jpg


                            
[PR]
by oyabeinfo | 2015-04-29 08:58 | お知らせ

2014年 宮めぐりの神事 

宮めぐりの神事(みやめぐりのしんじ)
開催日 9月15日(祝)
場 所 埴生護国八幡宮
     小矢部市埴生
     小矢部東ICから車で10分
催 物 15時~(予定)

木曾義仲の戦勝詣が起源と言われ、氏子が神社所蔵の甲冑をまとい、
宝物を手にして拝殿の広縁を7回半巡り、本殿へ駆け込む神事。

宮めぐりの神事は、毎年9月15日の直前もしくは直後の日曜に行われます。
(原則、9月10日から16日の間の日曜。)
江戸時代から伝えられている珍しい行事です。


              【宮めぐりの神事】
c0208355_14172034.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ~宮めぐりの神事の内容~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
道祖神をまつる長さ4mの道祖幣(どうそへい)を手にした氏子の長老を先頭に、烏帽子に格衣姿、道中袴をはいた御幣(ごへい)捧持者、古文書箱を捧げる小学生の男子十数名と甲冑(かっちゅう)に身を固めた武者姿の若者らが隊列を組み、笛と太鼓の囃子に合わせて拝殿外側の広縁を7回半めぐり、最後に武者たちが弓矢刀剣をかざし、鬨(とき)の声をあげて本殿めがけて駆け込むという素朴かつ勇壮な神事である。
 この神事は、砺波山合戦の折、源義仲が埴生八幡宮に戦勝祈願し、大勝を果たしたことにちなみ、江戸時代から行われていると伝わっている。
                                 宮めぐり神事 振興会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

c0208355_14311790.jpgc0208355_14314692.jpg











この神事のお問い合わせは、
埴生護国八幡宮 0766-67-1220 にお願いします。



 2014.8.5 初稿
[PR]
by oyabeinfo | 2014-08-05 10:26 | 宮めぐりの神事

2014年 源氏太鼓

源氏太鼓(げんじだいこ)
開催日 9月10日(水)
場 所 下後亟神明社(しもごぜしんめいしゃ)
     小矢部市下後亟640
     小矢部東ICから車で1分
催 物 神 事  15:30~(予定)
     浦安の舞 16:00~(予定)
     獅子舞  16:30~(予定)
     越中源氏太鼓 17:00~(予定)約30分間

「源氏太鼓」は、砺波山源平合戦の勝利を祝って始められたと伝えられている
勇壮な「かちどき太鼓」で、秋季例祭に打ち鳴らされます。
この太鼓は小矢部市指定の無形民俗文化財となっています。
c0208355_12242516.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・  源氏太鼓  ~資料より~  ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 下後亟神明社で 毎年9月10日に行われる秋祭り(風祭り)の際に奉納されるのが、「源氏太鼓」です。
 その由来は、寿永2年(1183年)の「源平倶利伽羅合戦(げんぺいくりからがっせん)」にさかのぼり、その際に源氏軍の道案内役を務め、勝利に貢献した郷土の豪将「蟹谷次郎(かんだのじろう)」が祝宴を催した際に、その部下が歓喜のあまり乱舞しながら太鼓を打ち鳴らしたことにはじまると言われています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお祭りのお問い合わせは、
下後亟区長の蟹谷さん 0766-61-2551 までお願いします。


 2014.8.5 初稿
[PR]
by oyabeinfo | 2014-08-05 10:20 | 源氏太鼓

2014年 願念坊踊り(9月)

願念坊踊り(がんねんぼうおどり)
開催日 9月6日(土) 
場 所 太田神社
     小矢部市綾子
     小矢部ICから車で10分
催 物 神 事 16:00~
     願念坊踊り 16:30~

*雨天の場合は、綾子公民館にて「願念坊踊り」が披露されます。



c0208355_1521167.jpg



        
・・・・・・・・・・・・・・・・・  願念坊踊り ~資料より~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・
願念坊踊りは、太田神社の春季・秋季祭礼で奉納されます。
黒の法衣をまとい、坊主姿に扮した踊り手が数名出て、鉦(かね)・太鼓・尺八・三味線・胡弓(こきゅう)・四ツ竹(よつたけ)の囃子(はやし)にのって身振りおもしろく踊ります。
願念坊踊りの起源は奈良時代とされており、仏教の布教にともなって始まり、この地に伝わったのは天正年間(1573~1591年)と言われています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2014.3.12  初稿
 2014.7.22  追記
 2014.8.4   追記
[PR]
by oyabeinfo | 2014-08-04 18:07 | 願念坊踊り

2014年 石動曳山祭

石動曳山祭(いするぎひきやままつり)
開催日 4月29日(祝・火)
場 所 小矢部市石動市街地
     JR石動駅から徒歩5分

本日(平成26年4月29日)の、石動曳山祭
午前8時現在、一部内容を変更し開催予定です。


「午後3時からの花山車勢揃い」  
式典は、予定どおり開催いたします。







催 物 (予定)
15:00   曳山・御神輿勢揃い(曳山11本、御神輿3基)
18:00ごろ すずらん通り 廻向寺前にて火入式
18:30ごろ ライトアップ 提灯山車勢揃い
18:40ごろ 吹奏楽生演奏(石動高校吹奏楽部のみなさん)
19:00ごろ 花山車試乗体験(小学生対象)
*18:00より花山車試乗体験受付開始。申込みは保護者同伴でお願いします。 

    
c0208355_19304739.jpg
    

*臨時観光案内所開設
  *石動駅観光案内所   10:00~21:00
  *小矢部市商工会館前  13:00~20:00


*無料シャトルバスも運行されます。
 14:00~20:00
c0208355_192324100.jpg


  「クロスランドおやべ【センター前】」⇔「JR石動駅」⇔「道の駅メルヘンおやべ」
小矢部市観光周遊バス「義仲・巴号」も運行します。ぜひご利用ください。




*午前中に石動のまちなかを巡っていただきますと、
           曳山の蔵出しや組立ての様子がご覧いただけます。
 11の山車町の花山車の組立てや祭神めぐりをお楽しみください。


  *「花山車巡行路」となるご町内には、車の駐車及び停車が禁止となっておりますので
                               ご協力いただきますようお願いいたします。
    

c0208355_139426.jpg
                【石動曳山祭 パンフレット】

c0208355_20455090.jpg
巡行式典に、各山町から花山車が集まります。
c0208355_2016251.jpg
c0208355_20171848.jpg




観光協会では、臨時観光案内所を開設。
c0208355_20265113.jpg


c0208355_2017162.jpg
c0208355_20181215.jpg




途中、花山車にシートをかける様子など、晴れているときには見られない
貴重な姿だったのではないでしょうか。

c0208355_2019063.jpg


c0208355_20183314.jpg

c0208355_20192281.jpg

途中、雨が降り出してしまいましたが、
傘をさして見に来てくださったお客様。ありがとうございます。


また、よりいっそう、来年の石動曳山祭が楽しみになりそうです。

今年の雨は、きっと何年かに一度の慈雨の雨(!?)
来年は、お天気(晴天)に恵まれますように♪



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  曳山祭  ~資料より~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高岡の御車山を模して、宝暦年間(1751~1763)から安政年間(1854~1860)にかけて建造された花山車。4月29日(祝)の愛宕神社の春祭りに各町内から曳き出され、小矢部市内を曳きまわされる。
 主に、木組は能登・加賀の大工、彫刻は井波の彫刻師、塗りは城端の塗師、金具は高岡の彫金師が製作。
 曳子は、町内ごとに揃いの模様や紋をつけた法被に、股引、白足袋、ねじり鉢巻という服装で花山車を曳きまわす。
 花山車はそれぞれ大きさ・構造が違うが、径1.3~1.4mの木製車輪に、幅1.5~1.6m、長さ2m、高さ60~70㎝ほどの欅材でつくった框をのせ、その上に斗拱出組で積み重ねた上に舞台があり、それに勾欄を設けて祭神を祀り、背後に鏡板という衝立をおく。祭神の傍らには3mほどの木柱を立て、30本あまりの竹に紙製の菊花をつけて笠形につりさげ、柱の上に鉾留の「だし」を取り付ける。
 斗拱の上の梁や長押は二重又は三重のものもあり、彫刻に極彩色を施したり、梁や長押などに金具を打って装飾した花山車もある。 
 框の外側には種々の模様を染めたり、刺繍を施した幔幕をつるし、框の下には花山車を曳く2本の轅棒がある。框の中には笛・太鼓・鉦(カネ)の囃子方が入り、拍子木の合図でかけ声をかけて曳きまわす。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお祭りのお問い合わせは、
小矢部市商工会 小矢部支所 0766-67-0756 までお願いします。

2014.3.12 初稿
2014.4.25 追記
2014.4.29 追記
2014.4.30 追記
[PR]
by oyabeinfo | 2014-04-30 20:21 | 石動曳山祭

石動曳山祭前日。

あす、4月29日(祝)の石動曳山祭を前に
「中新田町」そして、「下新田町」へ行ってきました。

c0208355_19543578.jpg








c0208355_19534129.jpg




c0208355_1954698.jpg
c0208355_1954149.jpg


c0208355_19541988.jpg






c0208355_19542988.jpg




c0208355_1957759.jpg






中新田の山車町では、昨年から、祭神や幕などを展示されています。
彫刻などもまじかでみることができ、宵山を楽しむことができます。


**********************************************************
 中新田町(なかしんでんまち)
 
 創建 「文化年間(1804年〜)」
 祭神 「応神天皇(おうじんてんのう)と武内宿祢」
 標識(だし) 「唐冠」 
 彫刻 
  *鏡板  「すさのおの尊の大蛇退治」
  *舞台下/ 桐に鳳凰、亀に波、竹に虎、唐子と獅子 
 勾欄下 「浦島太郎」
 幔幕 「唐冠と笛(刺繍)」

透かし彫りの車輪の上に框(かまち)を載せてその上を斗拱出組で積み重ね
さらに舞台を設けて、祭神を本柱(芯木)にもたせている。
(富山県置県百年曳山車祭参加出場)
***********************************************************

c0208355_20235087.jpg



c0208355_20224183.jpg
c0208355_20243931.jpg

c0208355_20231856.jpg



c0208355_2024368.jpg


c0208355_2022547.jpg











c0208355_213626100.jpg
c0208355_20242320.jpg









下新田の山車町は、今年から、山車蔵を公開されました。
祭神や標識(だし)の展示もされています。



************************************************************
 下新田町(しもしんでんまち)
  
 創建 「鏡板が製作された安政3年(1856年)ごろ」
 祭神 「毘沙門天」
 標識(だし) 「太鼓に鶏」 
 彫刻 
  *鏡板  「尭王に麒麟」 上段三枚彫 「十二四考の物語」
  *舞台下/ 水波に龍 

鏡板の尭王は古代中国の伝説の聖王で政治を治める理想の天子とされている。
高欄と舞台下は平成十六年四月彫り替え新調。材料は、木曾檜
作者 番匠屋十六代田村与八郎(實)と十七代辰之助の両氏によるもの。 
*************************************************************
前日の宵山、当日の庫出し、組立ての様子など
各山町めぐりもおすすめですよ。
  曳山蔵の場所など詳しくは、2014石動曳山祭パンフレットをご覧ください。

c0208355_20584948.jpg



c0208355_20592024.jpg

c0208355_20593283.jpg





また、町内曳き、片付けの様子なども見てみたい!!という方は、
各山車町の(法被を着ている)方に声をかけていただくか、
石動曳山連盟さんにお問い合わせください。

#小矢部市指定文化財です。許可なくお手を触れることのないようお願いいたします。





2010年(平成22年)博労町の宵山ライトアップの様子はこちら
                 http://oyabe.exblog.jp/14260636/





                                           
[PR]
by oyabeinfo | 2014-04-28 21:47

2014年 願念坊踊り (4月)

願念坊踊り(がんねんぼうおどり)
開催日 4月6日(日) 
場 所 太田神社
     小矢部市綾子
     小矢部ICから車で10分
催 物 願念坊踊り 15:00~

     *テレビ収録のため、特別に披露されます。
     (雨天の場合は、太田神社境内にて「願念坊踊り」が披露されます)


c0208355_1521167.jpg



        
・・・・・・・・・・・・・・・・・  願念坊踊り ~資料より~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・
願念坊踊りは、太田神社の春季・秋季祭礼で奉納されます。
黒の法衣をまとい、坊主姿に扮した踊り手が数名出て、鉦(かね)・太鼓・尺八・三味線・胡弓(こきゅう)・四ツ竹(よつたけ)の囃子(はやし)にのって身振りおもしろく踊ります。
願念坊踊りの起源は奈良時代とされており、仏教の布教にともなって始まり、この地に伝わったのは天正年間(1573~1591年)と言われています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2014.4.2  初稿
[PR]
by oyabeinfo | 2014-04-02 20:14 | 願念坊踊り

2014年 酒とり祭

酒とり祭(さけとりまつり)
開催日 4月11日(金)
場 所 下後亟神明社
     小矢部市下後亟640
     小矢部東ICから車で1分
催 物 神 事 16:30~(予定)
     獅子舞 17:00~(予定)
     酒とり祭り 17:20~(予定)

毎年4月11日の神明宮春季例祭に行われる神事で、全国的にも珍しい奇祭として有名です。

25歳の厄男たちが ふんどし姿でお神酒を受け、参拝人や見物人に振る舞い、無病息災・五穀豊穣を祈願するお祭り。いつ頃から行われているか定かではありませんが、300年以上前から続いていると言われています。



・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・



今年の酒とり祭は好天に恵まれ賑わっていました!
獅子舞は子供たちが元気よく舞を踊っていました(^▽^)♪

c0208355_1545619.jpg


c0208355_1550244.jpg




そして・・・
獅子舞が終わると、いよいよ酒とり祭の始まりです!!

c0208355_15533424.jpg


c0208355_1622639.jpg


ふんどし一本の厄男たちが一斉に神殿に向かっていきます!
早くて写真がおいつきません!(笑)



c0208355_1653735.jpg



厄男たちは見物人にお酒を飲ませたり、振りかけたり!
何度もお酒をくみに走り回ります!!

c0208355_1662430.jpg


c0208355_16172178.jpg



お酒を飲ませてもらったり、かけてもらった人は幸福に恵まれると言われています。
私も少し飲ませてもらいました(^^)今年は幸福な年になるかな?(笑)

来年も開催されます。年々盛り上がりを見せている酒とり祭。
みなさんもぜひお越しください!
厄男たちにお酒を振る舞ってもらいましょう!きっと幸せな一年になりますよ♪


                   \ウォー!/
c0208355_16304141.jpg

     


・・・・・・・・・・・・・・酒とり祭り 由来と起源 ~資料より~ ・・・・・・・・・・・・・・
 この奇祭の起源は不明であるが、今から350年ほど前の寛永年間(1625年~1644年)に、現在の社殿を建立した時、地中より白骨が多く発掘された。これは墓所であったに違いないと人々は不安を感じた。特に、村の物知りな老人が酒をまいて祈とうしなければ一大事といったが、村人たちは気にとめながらもつい忘れてしまった。ところが翌年、村初って以来と言われる大凶作に襲われてしまった。あの時の老人の言葉を思い出し、きっと白骨のたたりに違いないとばかり、村総出で酒をまき清めたという。これが、この奇祭の起源だとも伝えられている。
 ところが明治2年(1869年)になり、酒をぶっかけたりばらまいたりするのはもったいない、そんなことをするよりみんなで飲んだ方がどんなに得かわからない、ということで村人たちは境内にむしろを敷き、車座になって飲めや歌えやのどんちゃんさわぎをやってしまった。
 さて、これが神の怒りにふれたのか、その年は不作も不作、その上、村に火災が頻繁に起こった。すっかり恐れをなした村人たちは、翌年から前以上に盛大な「酒とり祭り」を執り行ったということである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお祭りのお問い合わせは、
小矢部市観光協会 0766-30-2266 までお願いします。

2014.4.14 追記
2013.3.12 初稿
[PR]
by oyabeinfo | 2014-03-12 10:30 | 酒とり祭

小矢部市観光協会

検索

Translation

  • 当ブログに掲載されている写真の使用については、下記までご連絡ください。0766-30-2266

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ
中部

画像一覧