富山県小矢部市のお祭り・イベント・食事処など、最新情報を紹介します
by oyabeinfo
プロフィールを見る
画像一覧

2016年 酒とり祭

酒とり祭(さけとりまつり)
開催日 4月11日(月)
場 所 下後亟神明社
     小矢部市下後亟640
     小矢部東ICから車で1分
催 物 神 事 16:30~(予定)
     獅子舞 17:00~(予定)
     酒とり祭り 17:20~(予定)

毎年4月11日の神明宮春季例祭に行われる神事で、全国的にも珍しい奇祭として有名です。

25歳の厄男たちが ふんどし姿でお神酒を受け、参拝人や見物人に振る舞い、無病息災・五穀豊穣を祈願するお祭り。いつ頃から行われているか定かではありませんが、300年以上前から続いていると言われています。

c0208355_1653735.jpg


・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・酒とり祭り 由来と起源 ~資料より~ ・・・・・・・・・・・・・・
 この奇祭の起源は不明であるが、今から350年ほど前の寛永年間(1625年~1644年)に、現在の社殿を建立した時、地中より白骨が多く発掘された。これは墓所であったに違いないと人々は不安を感じた。特に、村の物知りな老人が酒をまいて祈とうしなければ一大事といったが、村人たちは気にとめながらもつい忘れてしまった。ところが翌年、村初って以来と言われる大凶作に襲われてしまった。あの時の老人の言葉を思い出し、きっと白骨のたたりに違いないとばかり、村総出で酒をまき清めたという。これが、この奇祭の起源だとも伝えられている。
 ところが明治2年(1869年)になり、酒をぶっかけたりばらまいたりするのはもったいない、そんなことをするよりみんなで飲んだ方がどんなに得かわからない、ということで村人たちは境内にむしろを敷き、車座になって飲めや歌えやのどんちゃんさわぎをやってしまった。
 さて、これが神の怒りにふれたのか、その年は不作も不作、その上、村に火災が頻繁に起こった。すっかり恐れをなした村人たちは、翌年から前以上に盛大な「酒とり祭り」を執り行ったということである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお祭りのお問い合わせは、
小矢部市観光協会 0766-30-2266 までお願いします。


2016.3.1 初稿
[PR]
by oyabeinfo | 2016-03-01 15:23 | 酒とり祭

2015年 酒とり祭

酒とり祭(さけとりまつり)
開催日 4月11日(土)
場 所 下後亟神明社
     小矢部市下後亟640
     小矢部東ICから車で1分
催 物 神 事 16:30~(予定)
     獅子舞 17:00~(予定)
     酒とり祭り 17:20~(予定)

毎年4月11日の神明宮春季例祭に行われる神事で、全国的にも珍しい奇祭として有名です。

25歳の厄男たちが ふんどし姿でお神酒を受け、参拝人や見物人に振る舞い、無病息災・五穀豊穣を祈願するお祭り。いつ頃から行われているか定かではありませんが、300年以上前から続いていると言われています。

c0208355_1653735.jpg


・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・酒とり祭り 由来と起源 ~資料より~ ・・・・・・・・・・・・・・
 この奇祭の起源は不明であるが、今から350年ほど前の寛永年間(1625年~1644年)に、現在の社殿を建立した時、地中より白骨が多く発掘された。これは墓所であったに違いないと人々は不安を感じた。特に、村の物知りな老人が酒をまいて祈とうしなければ一大事といったが、村人たちは気にとめながらもつい忘れてしまった。ところが翌年、村初って以来と言われる大凶作に襲われてしまった。あの時の老人の言葉を思い出し、きっと白骨のたたりに違いないとばかり、村総出で酒をまき清めたという。これが、この奇祭の起源だとも伝えられている。
 ところが明治2年(1869年)になり、酒をぶっかけたりばらまいたりするのはもったいない、そんなことをするよりみんなで飲んだ方がどんなに得かわからない、ということで村人たちは境内にむしろを敷き、車座になって飲めや歌えやのどんちゃんさわぎをやってしまった。
 さて、これが神の怒りにふれたのか、その年は不作も不作、その上、村に火災が頻繁に起こった。すっかり恐れをなした村人たちは、翌年から前以上に盛大な「酒とり祭り」を執り行ったということである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお祭りのお問い合わせは、
小矢部市観光協会 0766-30-2266 までお願いします。

2015.4.1 初稿
[PR]
by oyabeinfo | 2015-04-01 10:00 | 酒とり祭

2014年 酒とり祭

酒とり祭(さけとりまつり)
開催日 4月11日(金)
場 所 下後亟神明社
     小矢部市下後亟640
     小矢部東ICから車で1分
催 物 神 事 16:30~(予定)
     獅子舞 17:00~(予定)
     酒とり祭り 17:20~(予定)

毎年4月11日の神明宮春季例祭に行われる神事で、全国的にも珍しい奇祭として有名です。

25歳の厄男たちが ふんどし姿でお神酒を受け、参拝人や見物人に振る舞い、無病息災・五穀豊穣を祈願するお祭り。いつ頃から行われているか定かではありませんが、300年以上前から続いていると言われています。



・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・



今年の酒とり祭は好天に恵まれ賑わっていました!
獅子舞は子供たちが元気よく舞を踊っていました(^▽^)♪

c0208355_1545619.jpg


c0208355_1550244.jpg




そして・・・
獅子舞が終わると、いよいよ酒とり祭の始まりです!!

c0208355_15533424.jpg


c0208355_1622639.jpg


ふんどし一本の厄男たちが一斉に神殿に向かっていきます!
早くて写真がおいつきません!(笑)



c0208355_1653735.jpg



厄男たちは見物人にお酒を飲ませたり、振りかけたり!
何度もお酒をくみに走り回ります!!

c0208355_1662430.jpg


c0208355_16172178.jpg



お酒を飲ませてもらったり、かけてもらった人は幸福に恵まれると言われています。
私も少し飲ませてもらいました(^^)今年は幸福な年になるかな?(笑)

来年も開催されます。年々盛り上がりを見せている酒とり祭。
みなさんもぜひお越しください!
厄男たちにお酒を振る舞ってもらいましょう!きっと幸せな一年になりますよ♪


                   \ウォー!/
c0208355_16304141.jpg

     


・・・・・・・・・・・・・・酒とり祭り 由来と起源 ~資料より~ ・・・・・・・・・・・・・・
 この奇祭の起源は不明であるが、今から350年ほど前の寛永年間(1625年~1644年)に、現在の社殿を建立した時、地中より白骨が多く発掘された。これは墓所であったに違いないと人々は不安を感じた。特に、村の物知りな老人が酒をまいて祈とうしなければ一大事といったが、村人たちは気にとめながらもつい忘れてしまった。ところが翌年、村初って以来と言われる大凶作に襲われてしまった。あの時の老人の言葉を思い出し、きっと白骨のたたりに違いないとばかり、村総出で酒をまき清めたという。これが、この奇祭の起源だとも伝えられている。
 ところが明治2年(1869年)になり、酒をぶっかけたりばらまいたりするのはもったいない、そんなことをするよりみんなで飲んだ方がどんなに得かわからない、ということで村人たちは境内にむしろを敷き、車座になって飲めや歌えやのどんちゃんさわぎをやってしまった。
 さて、これが神の怒りにふれたのか、その年は不作も不作、その上、村に火災が頻繁に起こった。すっかり恐れをなした村人たちは、翌年から前以上に盛大な「酒とり祭り」を執り行ったということである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお祭りのお問い合わせは、
小矢部市観光協会 0766-30-2266 までお願いします。

2014.4.14 追記
2013.3.12 初稿
[PR]
by oyabeinfo | 2014-03-12 10:30 | 酒とり祭

2013年 酒とり祭り

酒とり祭り(さけとりまつり)
開催日 4月11日(木)
場 所 下後亟神明社
     小矢部市下後亟640
     小矢部東ICから車で1分
催 物 神 事 16:30~(予定)
     獅子舞 17:00~(予定)
     酒とり祭り 17:20~(予定)

毎年4月11日の神明宮春季例祭に行われる神事で、全国的にも珍しい奇祭として有名です。

25歳の厄男たちが ふんどし姿でお神酒を受け、参拝人や見物人に振る舞い、無病息災・五穀豊穣を祈願するお祭り。いつ頃から行われているか定かではありませんが、300年以上前から続いていると言われています。

・・・・・・・・・・・・・・酒とり祭り 由来と起源 ~資料より~ ・・・・・・・・・・・・・・
 この奇祭の起源は不明であるが、今から350年ほど前の寛永年間(1625年~1644年)に、現在の社殿を建立した時、地中より白骨が多く発掘された。これは墓所であったに違いないと人々は不安を感じた。特に、村の物知りな老人が酒をまいて祈とうしなければ一大事といったが、村人たちは気にとめながらもつい忘れてしまった。ところが翌年、村初って以来と言われる大凶作に襲われてしまった。あの時の老人の言葉を思い出し、きっと白骨のたたりに違いないとばかり、村総出で酒をまき清めたという。これが、この奇祭の起源だとも伝えられている。
 ところが明治2年(1869年)になり、酒をぶっかけたりばらまいたりするのはもったいない、そんなことをするよりみんなで飲んだ方がどんなに得かわからない、ということで村人たちは境内にむしろを敷き、車座になって飲めや歌えやのどんちゃんさわぎをやってしまった。
 さて、これが神の怒りにふれたのか、その年は不作も不作、その上、村に火災が頻繁に起こった。すっかり恐れをなした村人たちは、翌年から前以上に盛大な「酒とり祭り」を執り行ったということである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお祭りのお問い合わせは、
小矢部市観光協会 0766-30-2266 までお願いします。

2013.3.1 初稿
[PR]
by oyabeinfo | 2013-03-01 08:30 | 酒とり祭

2012年 酒とり祭り

酒とり祭り(さけとりまつり)
開催日 4月11日(水)
場 所 下後亟神明社
     小矢部市下後亟640
     小矢部東ICから車で1分
催 物 神 事 16:30~(予定)
     獅子舞 17:00~(予定)
     酒とり祭り 17:20~(予定)

毎年4月11日の神明宮春季例祭に行われる神事で、全国的にも珍しい奇祭として有名です。

25歳の厄男たちが ふんどし姿でお神酒を受け、参拝人や見物人に振る舞い、無病息災・五穀豊穣を祈願するお祭り。いつ頃から行われているか定かではありませんが、300年以上前から続いていると言われています。

・・・・・・・・・・・・・・酒とり祭り 由来と起源 ~資料より~ ・・・・・・・・・・・・・・
 この奇祭の起源は不明であるが、今から350年ほど前の寛永年間(1625年~1644年)に、現在の社殿を建立した時、地中より白骨が多く発掘された。これは墓所であったに違いないと人々は不安を感じた。特に、村の物知りな老人が酒をまいて祈とうしなければ一大事といったが、村人たちは気にとめながらもつい忘れてしまった。ところが翌年、村初って以来と言われる大凶作に襲われてしまった。あの時の老人の言葉を思い出し、きっと白骨のたたりに違いないとばかり、村総出で酒をまき清めたという。これが、この奇祭の起源だとも伝えられている。
 ところが明治2年(1869年)になり、酒をぶっかけたりばらまいたりするのはもったいない、そんなことをするよりみんなで飲んだ方がどんなに得かわからない、ということで村人たちは境内にむしろを敷き、車座になって飲めや歌えやのどんちゃんさわぎをやってしまった。
 さて、これが神の怒りにふれたのか、その年は不作も不作、その上、村に火災が頻繁に起こった。すっかり恐れをなした村人たちは、翌年から前以上に盛大な「酒とり祭り」を執り行ったということである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお祭りのお問い合わせは、
小矢部市観光協会 0766-30-2266 までお願いします。

昨年の様子はこちらからご覧ください。



 2012.2.28 初稿
[PR]
by oyabeinfo | 2012-02-28 15:45 | 酒とり祭

2011年 酒とり祭り

酒とり祭り(さけとりまつり)
開催日 4月11日(月)
場 所 下後亟神明社
     小矢部市下後亟640
     小矢部東ICから車で1分
催 物 神 事 16:30~(予定)
     獅子舞 17:00~(予定)
     酒とり祭り 17:20~(予定)

毎年4月11日の神明宮春季例祭に行われる神事で、全国的にも珍しい奇祭として有名です。

25歳の厄男たちが ふんどし姿でお神酒を受け、参拝人や見物人に振る舞い、無病息災・五穀豊穣を祈願するお祭り。いつ頃から行われているか定かではありませんが、300年以上前から続いていると言われています。

今年は、雨がふってしまいましたが。。。
たくさんのひとが境内に。

下後亟神明宮拝殿では、
厳かに、神事が執り行われます。
c0208355_1623867.jpg

c0208355_16232372.jpg


続いて、獅子舞の奉納
c0208355_16262890.jpg

c0208355_11524844.jpg
c0208355_16251483.jpg



そして、酒とり祭りがおこなわれました!!
c0208355_17822.jpg

c0208355_1782254.jpg

c0208355_1783545.jpg

c0208355_1784962.jpg


・・・・・・・・・・・・・・酒とり祭り 由来と起源 ~資料より~ ・・・・・・・・・・・・・・
 この奇祭の起源は不明であるが、今から350年ほど前の寛永年間(1625年~1644年)に、現在の社殿を建立した時、地中より白骨が多く発掘された。これは墓所であったに違いないと人々は不安を感じた。特に、村の物知りな老人が酒をまいて祈とうしなければ一大事といったが、村人たちは気にとめながらもつい忘れてしまった。ところが翌年、村初って以来と言われる大凶作に襲われてしまった。あの時の老人の言葉を思い出し、きっと白骨のたたりに違いないとばかり、村総出で酒をまき清めたという。これが、この奇祭の起源だとも伝えられている。
 ところが明治2年(1869年)になり、酒をぶっかけたりばらまいたりするのはもったいない、そんなことをするよりみんなで飲んだ方がどんなに得かわからない、ということで村人たちは境内にむしろを敷き、車座になって飲めや歌えやのどんちゃんさわぎをやってしまった。
 さて、これが神の怒りにふれたのか、その年は不作も不作、その上、村に火災が頻繁に起こった。すっかり恐れをなした村人たちは、翌年から前以上に盛大な「酒とり祭り」を執り行ったということである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお祭りのお問い合わせは、
小矢部市観光協会 0766-30-2266 までお願いします。

昨年の様子はこちらからご覧ください。



 2011.1.13 初稿
 2011.4.13 追記
[PR]
by oyabeinfo | 2011-01-13 09:35 | 酒とり祭

2010年 酒とり祭り

酒とり祭り(さけとりまつり)
開催日 4月11日(日)
場 所 下後亟神明社
     小矢部市下後亟640
     小矢部東ICから車で1分
催 物 神 事 16:30~
     獅子舞 17:00~
     酒とり祭り 17:20~

毎年4月11日に開催される「酒とり祭り」。
25歳の厄男たちが ふんどし姿でお神酒を受け、参拝人や見物人に振る舞い、無病息災・五穀豊穣を祈願する小矢部市の「奇祭」。

初めて生でお祭りを見る私は、ワクワクしながら下後亟神明社へ☆
c0208355_946013.jpg
あいにくの雨でしたが、16時半を過ぎるころには見物のお客さんたちがどんどん集まりだし・・・
c0208355_954711.jpg
獅子舞が始まる頃には
c0208355_961585.jpg
こんなにたくさんの人が集まっていました。
c0208355_9125897.jpg
そしていよいよ・・・「酒とり祭り」が始まります!
ふんどし姿の男衆が、甲高い声を出しながら走って神殿に向かいます!
c0208355_9848.jpg
そして、ひしゃくに酒を受け、
c0208355_982696.jpg
そのお酒を参詣人や見物客に飲ませたり振りかけたりします!
c0208355_983360.jpg
「男衆は、酒を振る舞う回数が多いほど幸福に多く恵まれ、
参詣人や見物客は、酒を多くかけられればその年 幸が多い」
と言われているだけあり、何度も何度も酒を受け、お客さんの方に走ってお酒を振る舞う男衆!
c0208355_985686.jpg
お客さんの歓声と男衆の活気でものすごく盛り上がりました!
c0208355_992229.jpg
テレビ局も何局も来ていました。
今日、放映されるのかな?
c0208355_994184.jpg
さすが、「奇祭」と言われるだけありますねー。
こんなお祭りは初めて見ましたッ!
「すごい」の一言!
小雨が降り気温も低い中でしたが、寒さも忘れふんどし姿で祭りを楽しむ男衆。
自然と笑みがこぼれ、境内に活気が充ち溢れた10分間。
こんなお祭り、小矢部でしか見れません。
おもしろかったー。

みなさんお疲れさまでした!
来年は、4月11日(月)開催です☆

・・・・・・・・・・・・・・酒とり祭り 由来と起源 ~資料より~ ・・・・・・・・・・・・・・
 この奇祭の起源は不明であるが、今から350年ほど前の寛永年間(1625年~1644年)に、現在の社殿を建立した時、地中より白骨が多く発掘された。これは墓所であったに違いないと人々は不安を感じた。特に、村の物知りな老人が酒をまいて祈とうしなければ一大事といったが、村人たちは気にとめながらもつい忘れてしまった。ところが翌年、村初って以来と言われる大凶作に襲われてしまった。あの時の老人の言葉を思い出し、きっと白骨のたたりに違いないとばかり、村総出で酒をまき清めたという。これが、この奇祭の起源だとも伝えられている。
 ところが明治2年(1869年)になり、酒をぶっかけたりばらまいたりするのはもったいない、そんなことをするよりみんなで飲んだ方がどんなに得かわからない、ということで村人たちは境内にむしろを敷き、車座になって飲めや歌えやのどんちゃんさわぎをやってしまった。
 さて、これが神の怒りにふれたのか、その年は不作も不作、その上、村に火災が頻繁に起こった。すっかり恐れをなした村人たちは、翌年から前以上に盛大な「酒とり祭り」を執り行ったということである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年の様子はこちらからご覧ください☆
 2010.2.12 初稿
 2010.3.12 追記
 2010.3.23 追記
[PR]
by oyabeinfo | 2010-04-12 09:35 | 酒とり祭

2009年 酒とり祭り

酒とり祭り(さけとりまつり)
開催日 4月11日(土)
場 所 下後亟神明社
     小矢部市下後亟640
     小矢部東ICから車で1分
催 物 神事      16:30~
     獅子舞    17:00~
     酒とり祭り  17:20~

毎年、4月11日に開催されます。
全国的にも珍しい「奇祭」として有名で、この時期、このお祭りについての問い合わせもたくさんあるんです!

見どころは・・・男衆のふんどし姿!
c0208355_11142091.jpg

その姿で、神殿に向かって全速力で走り・・・
ひしゃくに酒を受け、
そのお酒を参詣人や見物客に飲ませ、振りかけます。

c0208355_1113533.gif
男衆は、
酒を振る舞う回数が多いほど
幸福に多く恵まれ、

参詣人や見物客は、
酒を多くかけられれば
その年 幸が多い
といわれています。


境内いっぱいに、歓声と活気が充ち溢れるお祭りです!

ぜひ 一度、カメラ持参で見に行ってみてくださいね☆
あっという間に終わってしまうので、早めに行かないと見逃してしまうかも☆

・・・・・・・・・・・・・・酒とり祭り 由来と起源 ~資料より~ ・・・・・・・・・・・・・・
 この奇祭の起源は不明であるが、今から350年ほど前の寛永年間(1625年~1644年)に、現在の社殿を建立した時、地中より白骨が多く発掘された。これは墓所であったに違いないと人々は不安を感じた。特に、村の物知りな老人が酒をまいて祈とうしなければ一大事といったが、村人たちは気にとめながらもつい忘れてしまった。ところが翌年、村初って以来と言われる大凶作に襲われてしまった。あの時の老人の言葉を思い出し、きっと白骨のたたりに違いないとばかり、村総出で酒をまき清めたという。これが、この奇祭の起源だとも伝えられている。
 ところが明治2年(1869年)になり、酒をぶっかけたりばらまいたりするのはもったいない、そんなことをするよりみんなで飲んだ方がどんなに得かわからない、ということで村人たちは境内にむしろを敷き、車座になって飲めや歌えやのどんちゃんさわぎをやってしまった。
 さて、これが神の怒りにふれたのか、その年は不作も不作、その上、村に火災が頻繁に起こった。すっかり恐れをなした村人たちは、翌年から前以上に盛大な「酒とり祭り」を執り行ったということである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by oyabeinfo | 2009-09-30 09:35 | 酒とり祭

小矢部市観光協会

検索

Translation

  • 当ブログに掲載されている写真の使用については、下記までご連絡ください。0766-30-2266

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ
中部

画像一覧