富山県小矢部市のお祭り・イベント・食事処など、最新情報を紹介します
by oyabeinfo
プロフィールを見る
画像一覧

観光事業リーダー研修会のご報告

3月4日(木)に行われました研修会のご報告をさせていただきます。

講師は、長野 隆さん。
長野さんは JTB中部本社にお勤めで、まさに観光事業の最前線でお仕事をされている方です。 
c0208355_940870.jpg
テーマは、「地域の活性化に必要な連携とは」
c0208355_10142975.jpg
旅の形・目的が変わってきた現代の観光に求められるものは何か。
私たちは、どんな意識を持っていかなければならないか。
そして、どんな地域になっていかなければならないのか。
c0208355_10155026.jpg
訪れたお客様に満足してもらえるような地元づくり。
c0208355_10563763.jpg
お話をお聞きしながら、自然と考えさせられました。

最後の方で、「SWOT(スウォット)分析」のシートに書き込む時間がありました。

(SWOT分析というのは、「目標を達成するために意思決定を必要としている組織や個人の、プロジェクトやベンチャービジネスなどにおける、強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) を評価するのに用いられる戦略計画ツールの一つ」です。)

小矢部市の観光についての課題を洗い出し、全員で共有化し、現状から飛び出す機会を見極めるための一つの手段に・・・ということで、長野さんが用意してくださったものです。

10分くらいの時間で、バーっと書き出したのが、下のような内容です。
(あくまでも私個人が思いついたもので、参加者の意見をまとめたものではありません。)

小矢部の「強み・弱み・機会・脅威」は・・・?

【強み】
・木曽義仲で盛り上がる要素は大いにある。
・「小矢部と言ったらこれ!」と言えるものはないかもしれないが、観光の
 素材はものすごく多い。
【弱み】
・どこと比べても「小矢部がNo.1」で「メインだ!」と言えるものがない。
・グルメの面で「これ!」と言えるものがない。
・車以外で来た人に対しての交通手段が少ない。
・PRができていない。
【機会(チャンス)】
・大河ドラマ誘致。
・北陸新幹線開通。
・道の駅のオープン。
・小矢部市観光協会のHP開設。
・「火牛祭り」という、他にはないお祭りがある。
【脅威】
・「寄り道」とか「通り過ぎる途中で車窓から」程度にしか観光地を訪れて
 もらえていない。
・旅行のメインにならない。
・各祭りに対して、会場への案内が市外の人向けではない。
・「火牛祭り」を義仲と関連付けてPRしたいが、そのための基礎がない。
 どうやって大きくしていったらいいのか分からない。
(思いついたままに書き出したものを挙げたので、まとまっていなくてすみません。)

自分と自分の町のことを再確認し、分析し、共有化し、それをふまえて仕掛けやPRをしていくことが大切です。

個人の分析ではなく、もっと多くの人の考えや思いを知り、地元の人がどんな風に「わが町の誇り」を認識しているのかを知る。
それによって、地域づくりがどんな風にできるのか、変わってくると思います。

「地元が主体となって作り上げる」これからの観光。

名古屋でブームの「名古屋おもてなし武将隊」とか、
「らき☆すた」(「埼玉県春日部市」=この作品を元に町おこしが行われている)、
「サマーウォーズ」(映画の舞台となった理想の田舎=「長野県上田市」)、
「スウィングガールズ」(映画のロケ地=「山形県米沢市」)
などのことも少しお話してくださいました。

どこも、映画や漫画が観光客誘致に大きく影響したという地域です。

うらやましいなぁとも思いましたが、「私たちの町」を思う気持ちを大切にしながら、地域で手を取り合って「まちづくり」をしていきたいと思いました。

2時間があっという間でした。とても勉強になりました。

「研修会のご報告」というより、個人の感想になってしまってすみません。
長野さん、本当にありがとうございました。

出席してくださったみなさまも、ありがとうございました。
22年度もこのような研修会を行う予定ですので、ぜひご参加ください。
お待ちしております。
[PR]
by oyabeinfo | 2010-03-08 11:27 | お知らせ

小矢部市観光協会

検索

Translation

  • 当ブログに掲載されている写真の使用については、下記までご連絡ください。0766-30-2266

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ
中部

画像一覧