富山県小矢部市のお祭り・イベント・食事処など、最新情報を紹介します
by oyabeinfo
プロフィールを見る
画像一覧

☆マングローブ☆

去年の11月末に、「マングローブ」さんの「義仲ものがたり」というお弁当を試食させていただきました。
☆その時の記事はこちら☆
c0208355_1152093.jpg
その頃は、まだ試作段階だったこともあり 画像を掲載することができませんでしたが、12月28日より販売開始となりましたので、中身をちょっとご紹介したいと思います☆
(販売中のお弁当とは 中身が多少異なるかもしれません。)
c0208355_11373189.jpg
「平安時代は、和風文化が育ち、貴族の食膳の中にも 季節感を取り入れるようになった」とか。
この「義仲ものがたり」は、当時の食生活と 義仲の歴史を紐解きながら作られたお弁当です!

すごく豪華じゃないですか!?
c0208355_1405923.jpg
一品一品に添えられた説明は、「だからこのおかずなのかぁ・・・!」と納得できる資料です。読みながらいただきました。
c0208355_12262031.jpg
右下の、金色のキレイな箱に入っているのは・・・なんとデザート!
c0208355_11373771.jpg
戦勝祈願の和菓子が入っています☆
中身は、(ちゃんと見えなくてすみません。)
「勝栗」・・・戦に勝つために。
「ゴボウ」・・・地中にしっかり根を張り、一族の土台がしっかりするようにとの意。生姜でからめたお菓子です。
「黒豆」・・・黒は邪気をはらう色とされました。お砂糖でからめました。
などが入っています!

お弁当なのに、デザートが付いているのはとってもうれしいです☆

私がもう一つうれしかったのは・・・ご飯の種類ッ!
こんなにあります。
c0208355_11374289.jpg
普通の白いご飯もおいしいですが、こんなに種類があるのは、「少しずついろいろ食べたい派」の私としてはとてもうれしいです☆

資料によると、「庶民の主食は雑穀。税が米なので貴族は米が主食。」だったとか。
中身は、
「屯食(とんじき)」・・・強飯(こわめし)をにぎって卵型にしたもの。(お赤飯です。)
「芋だんご」・・・「頭になる」「人の上に立つ」と言われる“八つ頭”で作ったおはぎです。
「笹ずし」・・・笹りんどうは義仲の紋章。
などなど。
男性の方でもきっと満足できる、食べ応えのある内容量です。

まだあります☆
c0208355_11374865.jpg
「天ぷら」・・・この時代に唐から揚菓子として伝わりました。
「季節の雑草」・・・大切な食糧でした。
「レンコン」・・・まっすぐの穴から、見通しがきく。
などなど。

紹介したいおかずはまだまだありますが・・・ぜひ実際に食べてみてください☆

色どりも鮮やかで、おいしくて、ボリュームもあって、デザートもついて・・・☆
きっと満足していただけるお弁当だと思います!
県内外を問わず、歴史国道を歩いた方や 小矢部市を訪れた方に、ぜひ食べていただきたいです。

職場や、地区の寄り合いなどでお弁当を注文する時にも、ぜひご利用ください。
(2日前までに予約が必要です。)

私も、また機会があったら食べたいなぁと思っています☆
「マングローブ」さん、ごちそうさまでした☆

マングローブ
小矢部市埴生56
tel:0766-68-3000

★「マングローブ」さんの場所★


【「マングローブ」さんのランチの記事】
[PR]
by oyabeinfo | 2010-01-12 12:50 | お食事・お土産処

小矢部市観光協会

検索

Translation

  • 当ブログに掲載されている写真の使用については、下記までご連絡ください。0766-30-2266

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ
中部

画像一覧